台湾のニュースで独学する中国語《台湾華語》

新聞記事を教材にして、台湾社会の「今・現在」を読みながら、初級者向けの台湾華語(中国語)を独学するブログです。

政治家たちのスポーツ

台湾もマラソン(馬拉松)ブームで、年々、大会参加者も増加。台北マラソンのほか、台湾の各地で大会が開催されています。
特に政治家にとって、健康や体力をアピールできるからか、前総統の馬英九もしばしばレースに参加していました。
今回は、台湾の市長や議員たちが取り組んでいるスポーツの話題です。

f:id:taiwantrans:20171102203312p:plain

新北市推動『動健康』,不少市府首長、議員動起來,有人成功甩肉成型男有人告別三高樂此不疲
但自認不算胖民政局長江俊霆是例外,因為沒有堅持下去,『一直在減重』

新北市が推進している「動健康」キャンペーン。多くの首長や議員が動き出している。ある人は贅肉をふるい落としてイケメンに、またある人は3高と決別した。好きなことであれば苦にはならない。
しかし自分では「肥満のうちには入らない」と思っている民政局長の江俊霆 氏はその例外だ。ずっとダイエットをするのが続かないからだ。)

成功甩肉成型男」(肉をふるい落としてカッコよくなるのに成功した)
」 (shuǎi) は、腕や尻尾などを「振るう、振り回す」こと。
型男」 (xíng nán) は、比較的最近の俗語でかっこいい男性のことなので、日本語なら「イケメン」とほぼ同じかと思いますが、「都会的で洗練されている」感じのスマートなかっこよさを指すようです。

三高」とは、血圧、血糖、血中脂肪の3項目が高く、不健康なことを表しています。

樂此不疲」 (lè cǐ bù pí) 「楽しめば疲れることはない」「好きなことであれば苦にならない」という意味の成語(四字熟語)。

不算胖」は「太っていない」ではありません。
「不算」なので、「太っているうちには入らない」「太っているとは言えない」という意味になります。

〜下去」は動詞の後につけて、その行為・動作が継続することを表します。

求學時期愛打籃球的朱立倫說,以前還會跟兒子打球,
『但他現在打得比我好,所以不跟我打球了。』
現在改快走,每天一萬步為目標。

(学生時代バスケットボールが好きだった新北市長の朱立倫は、以前はまだ子供と一緒にバスケットボールしていたと語る。
「今では自分より子供のほうが腕が上がってしまい、一緒に遊べなくなってしまいました」
現在はウォーキングを始め、毎日1万歩以上を目標に歩いている。)

打得比我好」(私よりもバスケットボールをうまくプレイできる)は、比較の構文。

市議員李余典本月初也成功挑戰個人初馬。
李余典說,年近60,全程『跑得痛不欲生』中途小腿抽筋,
一度想棄賽,但跑友鼓勵、陪跑,最後在8小時30分關門時間內完賽,
心中只有一個『爽』字可形容。

市議の李余典 氏は、今月初め、初のマラソンチャレンジに成功しました。
「年齢が60歳近い身でのフルマラソンは、走るのは死にたいほどつらく、途中でふくらはぎがけいれんしました。
一度は棄権しようと思いましたが、仲間が並走し励ましてくれ、ついに制限時間の8時間30分以内に完走しました。
この気分はただ一言『爽快』で表せます。」)

初馬」は初マラソンのこと。
フルマラソンが「全程馬拉松」(quán chéng mǎ lā sōng) で、ハーフは「半程」になります。

痛不欲生」 (tòng bù yù shēng) 「死にたいと思うほど苦しい」「苦痛のあまり生きていたくない」という意味の成語(四字熟語)。

広告を非表示にする
台湾のニュースで学ぶ中国語